HOME>トピックス>ベストな塗料をチョイス

拘りがなければこれを選んでおけばOK

シリコン系は東京の外壁塗装で最もポピュラーな塗料であり、耐久性と値段のバランスに秀でているのが特徴です。耐用年数も概ね13年ほどあるので、どの塗料にすれば良いのか分からない時は、これを選んでおけば良いでしょう。また、シリコン塗料には水性1液型や溶剤1液型、そして溶剤2液型などがあります。後者になるほど耐久性は高くなりますが、硬化剤を加える溶剤2液型は手間が掛かって扱いにくいため、外壁塗装業者ならではの塗料となっているのです。

低予算で塗り替え工事を実施したいなら

予算的に多額な資金を用意できないけど外壁塗装は行いたい、という場合に東京で選ばれることもあるのがウレタン系の塗料です。耐用年数はおよそ6年と短めですが、密着力に長けているため、はがれにくい塗料となっています。

最安値を目指すならこの塗料

とにかく東京で最安の外壁塗装工事を希望する際にピッタリなのが、アクリル系の塗料です。耐用年数が約4年間ほどなので、予算を抑えたい時のほか、頻繁に外壁のカラーリングを変えたいという場合にも適しています。

高い代わりに耐用年数にも優れる

フッ素系の塗料は費用こそ高額ですが、耐用年数もおよそ18年と長いので、1年に換算した場合の単価はお得になるのがポイントです。そのほか、光触媒塗料というタイプもあり、これは雨が降れば壁の汚れが落ちるという機能性塗料となっています。費用はフッ素系塗料より高いものの、耐用年数が概ね20年と長く、外壁塗装工事後のキレイな状態が長続きするため、東京でも近年注目を集めている次世代型の塗料です。

広告募集中